令和4年度「地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金」に当社が採択されました!

本補助金は、地域の単独もしくは、複数の中小企業等が地域内外の関係主体と連携しつつ、複数の地域に共通する地域・社会課題について、技術やビジネスの視点を取り入れながら、複数地域で一体的に解決しようとする事業(実証プロジェクト)について、経費の一部を補助いただくものです。

中小企業者等の地域・社会課題解決と収益性との両立を目指す取組である「地域と企業の持続的共生」を促進し、地域経済の活性化を実現することを目的としています。今年度は67件の応募があり、その中から当社のテーマも採択いただきました。

当社では、「地域の担い⼿を増やし、アジャイルなまちづくりを実現するデジタルプラットフォームの多地域展開実証」として、現在注力しているmy grooveの導入・検証を進めていきます。

採択結果はこちら

[プレスリリース]小諸市まちタネ広場プロジェクトにて広場利活用のデジタルプラットフォーム実証実験を開始

株式会社Groove Designs(東京都台東区、代表取締役:三谷繭子)と、株式会社URリンケージ(江東区)は、小諸市大手門公園内の「まちタネ広場」において、デジタルプラットフォームmy grooveを活用し、「まちタネ広場活用コミュニティ」実証実験を開始しました。公共空間の運用においてデジタルプラットフォームを活用したプロジェクトとは、国内初(当社調べ)となります。実証実験期間は2021年12月から2022年3月を予定しております。

世界でまちづくりにおけるデジタルプラットフォームの活用に向けた議論の高まりや社会実装が進んでいます。日本でも参加型合意形成プラットフォーム※などが導入されはじめるなか、本実証実験は、デジタルプラットフォームを活用して中心市街地の広場利用者と管理運営者とのコミュニケーションを見える化し、広場利活用の活性化や利用者コミュニティ形成を目指すものです。
※2020年より、バルセロナ市(スペイン)を発祥とするオープンソースプラットフォームDecidimなどが日本の治体でも活用されはじめている。

​■小諸市「まちタネ広場活用コミュニティ」特設サイト(デジタルプラットフォーム)とは

大手門公園内にあるまちタネ広場の利用者コミュニティです。まちタネ広場は、これからルールを整備していく新しいかたちの広場です。小諸暮らしを豊かにするまちなかのパブリックスペースを実現するため、みなさんと一緒に使いながらルールや運営方法を考えていきます。

■「まちタネ広場活用コミュニティ」サイトでできること

(1)広場を使ったイベントの相談・意見交換
(2)広場に関する日常利用の相談・意見交換
(3)広場のこれからの運用やルールづくりについての意見交換
上記について、広場管理者と市民・利用者等とのやりとりをオープン化することで、市民同士のつながりやコラボレーション(共創)や、自分もチャレンジしたいと思える人が生まれることを目指します。

■実証実験の背景/まちタネ広場とは

地方都市における人口減少対策や地方創生、中心市街地活性化の必要性が叫ばれるなか、持続的な地域づくりを行うために、行政、市民、民間企業などの垣根をこえて「ともに」地域づくりを進めていくことが重要な時代となっています。
小諸市では、「居心地のよい、ひらかれた」拠点整備に向けて、小諸駅周辺の身近な公共空間等において、市民団体や民間事業者など多様な主体が、自らイベントや事業活動などにより居心地のよくなるソーシャルグッド活動を行うことができる仕組みづくりとして、「こもろ・まちたねプロジェクト」を実施しています。

くらしの場である小諸駅周辺における、都市機能の誘導による利便性の向上と公共空間の整備による回遊性の向上や多様のコミュニケーションを促進する「居心地のよい、ひらかれた」拠点整備にあたっては、市民の皆さんや民間事業者といった多様な主体同士が緩やかに関わり合いながら、多くの皆さんを巻き込む、ソーシャルグッド活動が公共空間等にて積極的に行われていることが重要です。
「まちタネ広場」は、従来の個人的な公園利用にはない、新しい広場利用をカタチにできる場を「まちタネ広場」として、大手門公園にて社会実験を行いながら活用方法を提示していきます。10月2日の広場オープンの際には、市民の「こんな風に使ってみたい」「過ごしてみたい」というアイデアや使い方を試すプレイスメイキング社会実験を行いました。その後も市民のみなさんによる様々な活動が展開されています。

まちタネ広場 公式情報ホームページ


■実証実験概要
期間:2021年12月〜2022年3月
実施目的:まちタネ広場の利活用促進、地域コミュニティ形成、今後に向けた広場運用の検討
まちタネ広場事務局:小諸市建設水道部都市計画課、株式会社URリンケージ
プラットフォーム提供者:株式会社Groove Designs


■コミュニティエンゲージメントプラットフォーム「my groove」とは

my grooveは地域で活動する人々のアクションと共創を支援するコミュニティエンゲージメントプラットフォームです。テクノロジーを活用し、まちの人々が時間や場所の制限を受けず「できる時に、できる形からはじめる」ということが私たちの目指す姿です。まちに暮らす人・自治体・企業などが単体では実現できないことも、my grooveを使えば、協力して実現できます。
自治体や企業が単独ではなく、まちに関わる様々な人とともにプロジェクトを推進することで、より実行性を伴った意思決定を行うことが可能となります。そのプロセス自体をオープンに共有することで、ともに考え行動する人の増加につなげます。自分が暮らしている地域を、自分たちの手でつくっていく。そういう意思ある人々を応援し、実行の輪を広げていくことで、「ここで暮らしたい」と思えるまちをつくっていけると考えています。
Groove Designsは、プラットフォーム提供と、オンラインとオフライン双方の利点を活かしたプロセスデザインをサポートします。
尚、現在my grooveはサービス検証フェーズであり、ツールとしてはオープンソースのプラットフォームであるDecidimを用いています。

サービスサイトはこちら