Team

Mayuko Mitani

Mayuko Mitani

人と地域の持つクリエイティビティを引き出し、
対話を通じた信頼関係の構築とコラボレーションの力で
愛したくなるまちの環境をつくる。

代表取締役 三谷 繭子Mitani Mayuko

筑波大学芸術専門学群デザイン専攻卒業、同大学院人間総合科学研究科修了(デザイン学修士)。都市計画コンサルタントとして土地区画整理事業等の大規模開発に従事し、プランニングから事業推進まで一連の業務に携わり、整備後のエリアマネジメントやパークマネジメント等のスキーム構築、地域コミュニティと協働した組織づくりなども行う。2017年、Groove Designsとして独立し、全国各地でプレイスメイキングプロジェクトや地域主導のまちづくりプロジェクトを支援している。また、認定NPO法人日本都市計画家協会理事、一般社団法人アーバニスト理事として、持続可能な都市づくりのためのオープン・イノベーション・プラットフォーム「シティラボ東京」ディレクターを務める。生粋の末っ子気質。1986年生まれ。
×
Koichi Higashi

Koichi Higashi

利用者視点でインクルーシブな行政サービスのデジタル化を進める。
ともに作り上げていくプロセスを大事にしたい。

取締役 東 宏一Koichi Higashi

株式会社Groove Designs 取締役、デジタル庁プロジェクトマネージャー(デジタルサービス)、福岡市DXデザイナー、Urban Innovation Japanプロジェクトマネージャー
大手SIer、ベンチャー企業を経て2020年4月より政府CIO補佐官として政府のデジタル化推進を支援。2021年1月にGroove Designs取締役、福岡市DXデザイナー、官民連携プラットフォームUrban Innovation Japanプロジェクトマネージャーに就任。2021年9月よりデジタル庁プロジェクトマネージャー。大学では社交ダンスに熱中していたので姿勢の良さが取り柄。広島県福山市出身、1988年生まれ。
×

Shunsuke Banchi

“わかりあえなさ”と向き合いながら、
それでも“わたしたち”の範囲を書き換え続ける。
世の中の正論よりも、一人一人の価値観が共存し、
ぶつかり、変容し合うグルーヴを大切に。

パートナー 伴地 駿介Banchi Shunsuke

学生時代から地域コミュニティや行政デジタル化に関心を持ち、複数のNPO/シンクタンクで活動。現在はコンサルティングファームで企業の事業変革/人財・組織変革に伴走する傍ら、個人としてプロボノ活動に取り組んでいる。2021年、Groove Designsにパートナーとして参画。幼少期には、度重なる転居と数年間の不登校を経験。学校に行かずに自宅-公園-商店街を行き来した日々が、地域の様々な当事者の視点に気付く原体験となった。愛知県名古屋市出身、静岡/北海道/広島/島根/東京育ち。(なぜか)幼小中高の教員免許を保有。1987年生まれ。
×

Ken Suzuki

市民と行政の新たな対話の方法を編み出し
市民がより主体性を持てる地域作りを実現する

鈴木 健Ken Suzuki


青山学院大学国際政治経済学部を卒業、現在はエセックス大学(英)でM.Sc. Social Data Scienceの修士に取り組む。小学生の時にアメリカでの生活を経験したことで国や地域によって社会の仕組みや文化の違いがあることを不思議に感じたことで、その理由を解明したくて政治学と社会学に興味を持つ。学部生としては政治学と公共政策を幅広く勉強するために、アメリカのワシントン大学を筆頭にドイツとイタリアの大学で留学する。さらに、多様なデータをAIと機械学習を利用して分析する社会科学の研究方法を学びたく、イギリスの大学で修士を取ることを決意する。データ分析を通して市民の政治・社会活動の分析、政治現象の解明、社会問題の可視化に取り組んでいきたい考えている。東京都三鷹市出身、1998年生まれ。
×